トピックセッションの招待講演

 

トピックセッションの招待招待には前回(仙台大会)と同じルールを適用します.前回,ルールを大きく変更しましたが,その背景については前回の募集記事(本誌16巻1号)をご覧ください.

1)招待講演は1セッションにつき最大2名とし,会員,非会員を問いません.世話人が「自分を招待する」ことは認めません.
2)発表時間(質疑応答を含む)は世話人が15分または30分のいずれかを選択できます.なお,1人の発表者(招待講演者を含む)が1つのセッションで口頭発表できるのは1件です.
3)招待講演者の選定理由とその裏付けとなる情報(セッションテーマに関連した代表的な論文,著書等)が必要です.
4)会員招待講演者が招待講演の他に非招待の発表を1件申し込む場合,発表負担金はかかりません.さらにもう1件(招待講演の他にセッションで2件)発表する場合は負担金がかかります.