第120年仙台大会:若手会員のための業界研究サポート開催報告(2013.9.14開催)

 


  地質学会では,就職希望の学生・院生が民間企業・団体,研究機関と直接に情報交換できる場として就職支援プログラムを企画してきました.今年からは「若手会員のための業界研究サポート」と名称を変えて第7回目の開催になります.名称変更は,経団連の「採用選考に関する企業の倫理憲章」により企業の広報活動開始時期は12月以降とされたことを考慮したものです.本年度も大会2日目の午後2時半から6時まで行い,民間企業8社が参加しました.
  会場はポスター会場の前でもあり,例年に比べて学生・院生の参加者が増えました.企業のプレゼンや各ブースで希望の分野やその業界のことを熱心に聞く姿がみられました.今後は就職担当の教員へのアプローチも必要でないかと考えています.
  来年度も,就職希望の学生・院生の皆様には,ぜひ会場に足を運んでいただき,企業の採用状況について情報収集していただくようお願いいたします.
  最後に,本行事に参加いただいた企業8社の皆様,企画にご協力をいただいた賛助会員,関連企業の皆様,および大会準備委員会・行事委員に,改めて御礼申し上げます.

 

各社ブースの説明の様子

 


参加企業・団体一覧(敬称略・申込順):ジーエスアイ株式会社・石油資源開発株式会社・国際石油開発帝石株式会社・日本工営株式会社仙台支店・株式会社建設技術研究所・太平洋セメント株式会社・川崎地質株式会社・株式会社地圏総合コンサルタント

山本高司(運営財政部会担当 執行理事)