2023年Geo暦(行事カレンダー)

 

2020年版  2021年版  2022年版  2023年版
2023年版 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
   
 

○印は学会主催行事.(共)学会共催・(後)後援・(協)協賛

1月January

  防災・減災セミナー2022名古屋
1月5日(木)-20日(金)
会場:オンライン(防災ログWebサイト)
入場:無料(事前登録制)
CPD:5.4単位(JSCE22-1670)
主催:防災ログ実行委員会
https://clk.nxlk.jp/m/HbYcTOs9D

2022年度東京地学協会メダル表彰式・受賞記念講演会
1月15日(日)14:00-15:30
場所:学士会館210号室(東京都千代田区神田錦町)
記念講演:四万十帯,南海トラフ,そして地球深部探査船「ちきゅう」
平 朝彦氏(東京大学名誉教授,JAMSETEC顧問)
要参加申込:1月10日(火)締切,参加費無料
詳しくは,
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/462-2022medal.html 

我が国の深海探査機能の近未来のあり方について考えるシンポジウム
1月19日(木)  10:30-17:00
場所:東京大学大気海洋研究所講堂(オンライン併用)
定員:現地参加の定員は60名
現地参加締切:1月12日 (木)17:00      
オンライン参加締切:1月17日 (火)17:00
詳しくはこちら

関東支部オンライン講演会「県の石 茨城県」
1月22日(日)13:00-16:05
参加費無料(要事前申込)
申込締切:1月11日(水)まで
http://www.geosociety.jp/outline/content0201.html#2022ishi

文部科学省主催 STAR-E プロジェクト
第2回研究フォーラムー先端研究と産業界の接点ー

1月24日(火)9:30-12:10
オンライン開催
参加費無料,要申込(1/23締切)
対象:情報科学を活用した地震調査研究にご興味をお持ちの方どなたでも
https://star-e-project-2023.eventcloudmix.com/

(後)原子力総合シンポジウム2022
テーマ「新たな社会状況に貢献する原子力技術の期待と課題」
1月26日(木)10:00-17:35 
場所:日本学術会議講堂およびオンライン(Zoomウェビナー)
https://www.aesj.net/symp20230126

市民対象オンラインシンポジウム
ジオパーク地域に伝わる伝承と地質学:古代からの自然観を今に活かす

1月28日(土)10:00〜14:25
zoom参加申込締切:1月20日(金)
参加費無料
http://geosociety.jp/geopark/content0022.html

オンラインシンポジウム
災害に強い社会を実現するための科学技術:南海トラフ地震・津波防災

1月30日(月)13:00-17:00
参加無料
主催:防災科研、JAMSTEC
https://clk.nxlk.jp/m/nTLY5U6YD

2月February

  ◯地質系業界オンライン交流会
主催: 日本地質学会
運営: 日本地質学会若手有志会
2月17日(金) 19:00-21:00
場所:Zoom によるオンライン開催
対象:どなたでも参加可能(要参加申込)
参加費無料
詳しくはこちらから

防災科研令和4年度成果発表会(ハイブリッド)
国難級災害を乗り越えるために 2023
『情報でつなぎ、災害対応を変える。』
2月21日(火)11:30-17:30
会場:東京国際フォーラム ホールB7
参加無料 ※会場参加の応募締切: 2月7日(火)
https://clk.nxlk.jp/m/rQsSa4bpD 

日本堆積学会20周年記念リレーセミナー(第4回)
2月21日(火)12:15-13:00
Zoomウェビナーオンライン開催(参加無料)
講演者:産業技術総合研究所 清家弘治 氏
演題:イベント堆積作用と生痕:嵐や津波を例に
https://sites.google.com/view/ssj20th/home

2022年度「深田賞」授賞式及び記念講演
2月27日(月)14:00-16:30
開催方法:Zoomウェビナーによるオンライン配信(一般参加)
募集人数:先着80名(一般参加)
参加無料,要事前申込:2/20(月)17時締切
https://fukadaken.or.jp/?page_id=7294

3月March

  西日本支部令和4年度総会・第173回例会
共催:島根大学総合理工学部地球科学科
3月4日(土) 例会・総会
会場:島根大学総合理工学部多目的ホールほか島根大学教養講義室棟2号館
講演・参加申込締切:2月1日(水)
(注) オンラインでの開催は致しません.
http://www.geosociety.jp/outline/content0025.html

令和4年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウム特別セッション
3月4日(土)
場所:秋葉原UDX シアター
(対面で実施.後日録画を期間限定でYouTube 配信)
参加無料,定員80名
参加登録締切:3月2日(木)17:00
https://www.env.go.jp/press/press_01067.html

令和4年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウム研究セッション
3月5日(日)
オンライン開催
参加無料,定員100名
参加登録締切:3月3日(金)17:00
講演申込締切:2月3日(金)正午必着
https://www.env.go.jp/press/press_01067.html

第3回JABEEシンポジウム
「大学ー企業の架け橋教育 ユニークな実例紹介」

3⽉5⽇(⽇)13:30-18:00(予定)
開催⽅法:Zoomによるオンライン⽅式
参加無料
http://geosociety.jp/science/content0152.html

地質情報展2023いわて
明日につなぐ大地の知恵
3⽉10⽇(金)-12日(日)
場所:岩手県立博物館〜岩手山を望める丘のミュージアム〜
(注)博物館の入館料がかかります
https://www.gsj.jp/event/johoten/2023/iwate/index.html

令和4年度筑波山地域ジオパーク学術研究助成金成果発表と教育シンポジウム
3月11日(土)13:30-16:30(オンライン)
参加締切:3月5日(日)
https://tsukuba-geopark.jp/page/page001026.html

第82回地学史研究会
3月11日(土)14:00-17:00
会場:早稲田奉仕園101号室
オンラインとハイブリッド
中陣隆夫「速水頌一郎・星野通平の海洋学的業績と思想について」
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[at]nifty.com※[at]を@マークにして送信してください

東海大学海洋研究所主催シンポジウム
「水中考古と地球科学―文理融合から導く総合学術知」
3月12日(日)13:00-17:00
会場:東海大学静岡キャンパス8号館4階PLAT
(YouTubeによる生配信もあります)
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/iord/

(後)観察会 「宅地開発で隠れた衣笠断層帯を歩く」
主催:三浦半島活断層調査会
3月18日(土)9:30〜15:00
場所:京急久里浜駅--久村--鞍部--岩戸トレンチ--岩戸入口--大矢部四丁目--大矢部地区の衣笠断層)
参加申込締切:3月11日(土)
詳しくはこちら(PDF)

第240回イブニングセミナー(オンライン)
3月31日(金)19:30-21:30
演題:「零細及び金採掘の管理手法:今後の展開」
講師:村尾 智(第一工科大学 環境エネルギー工学科教授)
主催:NPO法人日本地質汚染審査機構
参加費:主催NPO会員及び学生の方(無料) 非会員の方(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm
 

4月April

  技術士を目指そう 修習ガイダンス2023
主催:技術士会修習技術者支援委員会
4月8日(土)13:00-17:00
場所:
1)オンライン(Zoomを使用)定員 700名
2)機械振興会館(東京都港区芝公園3-5-8)定員50名
参加費:3,000円 (会員、非会員共通)
https://www.engineer.or.jp/c_topics/009/009253.html

日本学術会議公開シンポジウム・第15回防災学術連携シンポジウム
「気候変動がもたらす災害対策・防災研究の新展開」 

4月11日(火)13:00-17:00
ZOOM ウェビナー 定員:1000名
https://janet-dr.com/060_event/20230411.html

日本堆積学会 2023 年新潟大会
4月22日(土)-24日(月)
会場:新潟大学
講演申込締切:3月22日(水)
https://sites.google.com/view/ssjconference2023niigata

5月May

  2023年「地質の日」関連行事はこちらから

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン)
5月26日(金)19:30-21:30
内容:健全な水循環と地下水
講師:眦茵〕痢NPO法人日本地質汚染審査機構理事長、第一工科大学自然環境工学科教授)
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

ワークショップ:掘削とモニタリングによる海山沈み込みとスロー地震の関係の解明
5月27日(土)9:00〜
場所:東京大学地震研究所1号館2Fセミナー室(対面&ハイブリッド)
※要参加申込
http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~hassy/WS_SS/
問い合わせ:橋本善孝(高知大学)hassy(at)kochi-u.ac.jp
 

6月June

  第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン)
6月9日(金)19:30-21:30  
内容:地質汚染調査・土壌汚染状況調査概論
講師:駒井 武(東北大学客員教授(名誉教授))
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

地質学史懇話会[オンラインとハイブリッド]
6月10日(土)13:30-17:00
場所:早稲田奉仕園(東京メトロ東西線早稲田駅下車徒歩5分)
  • 小澤健史「ドイツ・ハーツ鉱山とドイツ系日本人ペーター・ハーツィング」
  • 今村遼平「中国地図測量史」続
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[at]nifty.com※[at]を@マークにして送信してください

日本応用地質学会シンポジウム
6月16日(金)13:00〜17:00
テーマ :「応用地質学のD&I−多様な人材の活躍による応用地質学の発展」
開催方法:ハイブリッド形式
現地:東京大学柏キャンパス新領域環境棟FSホール
WEB :Zoom会議方式
参加申込締切: 6月9日(金)
https://www.jseg.or.jp/00-main/symposium.html

◯北海道支部2023年度例会(個人講演会)
6月17日(土)13:00-18:00
場所:北海道大学理学部5号館大講堂(5-203)
講演申込:6月7日(水)締切
http://geosociety.jp/outline/content0023.html

(後)日本学術会議公開シンポジウム「有人潜水調査船の未来を語る」
6⽉17日(⼟)13:00-17:00
場所:日本学術会議講堂 (オンライン配信ハイブリッド)
後援:日本地質学会ほか
⼀般参加可,参加費不要
https://www.scj.go.jp/ja/event/index.html

東京地学協会2023年度 特別講演会
6月17日(土)15:00〜16:30
場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)3階 富士(東)
講演:石原あえか(東京大学大学院総合文化研究科教授)
「鉱物コレクターとしてのゲーテ―岩石と対話する詩人」
申込不要
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/476-news230617.html

第241回イブニングセミナー(オンライン)
6月30日(金)19:30-21:30
演題:PFOSからPFASへーフッ素系界面活性剤を巡る国内外の動きー
講師:柴田康行(前東京理科大学環境安全センター副センター長)
参加費:主催NPO会員及び学生の方(無料) 非会員の方(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

7月July

  第4回国際黒曜石会議:
International Obsidian Conference(IOC) Engaru 2023
7月3日(月)-6日(木)
開催地:北海道紋別郡遠軽町
https://sites.google.com/view/iocengaru2023/home

(後)第60回アイソトープ・放射線研究発表会
7月5日(水)-7日(金)
会場:東京都内会場(予定)
発表演題申込締切:2月28日(火)
https://confit.atlas.jp/guide/event/jrias2023/top

東京地学協会2023年度 定期講演会
7月8日(土) 13:30〜16:00
会場:東京グリーンパレス(全国市町村職員共済組合連合会福祉施設)
テーマ:水蒸気噴火のメカニズムと噴火予知への課題─最新の知見と火山防災─
参加費無料。申込不要。
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/475-news230708.html
 

8月August

  (共)岩石-水相互作用(WRI-17)または応用同位体地球化学(AIG-14)合同国際会議
8月18日(金)〜22日(火)
会場:仙台国際センター
口頭発表登録締切:3月31日
参加料金早期割引締切:4月30日
https://www.wri17.com/

WCFS2023 Japan
Floating Solutions for the Next SDGs
8月28日-29日:論文発表等  
8月30日:オプション  テクニカルツアー
場所:日本大学理工学部(東京都千代田区神田駿河台)(予定)
https://wcfs2023.nextsdgs.org/
 

9月September

  ◯日本地質学会第130年学術大会(2023京都)
9月17日(日)-19日(火)
会場:京都大学
プレサイトはこちら

2023年防災推進国民大会(ぼうさいこくたい)
9月17日(日)-18日(月・祝)
場所:横浜国立大学(神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台)
https://bosai-kokutai.jp/2023/

(共)2023年度日本地球化学会 第70回年会
9月21日(⽊)-23日(土)
開催場所 東京海洋大学品川キャンパス会場(⼀部ハイブリッド)
口頭発表(ハイブリッド),ポスター発表(対面)
http://www.geochem.jp/meeting/

10月October

  (協)Techno-Ocean 2023
10月5日(木)〜7日(土)
会場:神戸国際展示場2号館 ほか
https://to2023.techno-ocean.com/

国際ゴンドワナ研究連合(IAGR)2023年総会及び第20回ゴンドワナからアジア国際シンポジウム
10月8日〜9日(シンポジウム)
10月10日〜11日(糸魚川ユネスコ世界ジオパーク野外巡検)
会場:新潟大学中央図書館ライブラリーホール(新潟市西区五十嵐2の町8050)
問い合わせ:M. Satish-Kumar,iagr2023[at]geo.sc.niigata-u.ac.jp
 

11月November

   

12月December