2023年Geo暦(行事カレンダー)

 

2020年版  2021年版  2022年版  2023年版  2024年版
2023年版 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
   
 

○印は学会主催行事.(共)学会共催・(後)後援・(協)協賛

1月January

  防災・減災セミナー2022名古屋
1月5日(木)-20日(金)
会場:オンライン(防災ログWebサイト)
入場:無料(事前登録制)
CPD:5.4単位(JSCE22-1670)
主催:防災ログ実行委員会
https://clk.nxlk.jp/m/HbYcTOs9D

2022年度東京地学協会メダル表彰式・受賞記念講演会
1月15日(日)14:00-15:30
場所:学士会館210号室(東京都千代田区神田錦町)
記念講演:四万十帯,南海トラフ,そして地球深部探査船「ちきゅう」
平 朝彦氏(東京大学名誉教授,JAMSETEC顧問)
要参加申込:1月10日(火)締切,参加費無料
詳しくは,
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/462-2022medal.html 

我が国の深海探査機能の近未来のあり方について考えるシンポジウム
1月19日(木)  10:30-17:00
場所:東京大学大気海洋研究所講堂(オンライン併用)
定員:現地参加の定員は60名
現地参加締切:1月12日 (木)17:00      
オンライン参加締切:1月17日 (火)17:00
詳しくはこちら

関東支部オンライン講演会「県の石 茨城県」
1月22日(日)13:00-16:05
参加費無料(要事前申込)
申込締切:1月11日(水)まで
http://www.geosociety.jp/outline/content0201.html#2022ishi

文部科学省主催 STAR-E プロジェクト
第2回研究フォーラムー先端研究と産業界の接点ー

1月24日(火)9:30-12:10
オンライン開催
参加費無料,要申込(1/23締切)
対象:情報科学を活用した地震調査研究にご興味をお持ちの方どなたでも
https://star-e-project-2023.eventcloudmix.com/

(後)原子力総合シンポジウム2022
テーマ「新たな社会状況に貢献する原子力技術の期待と課題」
1月26日(木)10:00-17:35 
場所:日本学術会議講堂およびオンライン(Zoomウェビナー)
https://www.aesj.net/symp20230126

市民対象オンラインシンポジウム
ジオパーク地域に伝わる伝承と地質学:古代からの自然観を今に活かす

1月28日(土)10:00〜14:25
zoom参加申込締切:1月20日(金)
参加費無料
http://geosociety.jp/geopark/content0022.html

オンラインシンポジウム
災害に強い社会を実現するための科学技術:南海トラフ地震・津波防災

1月30日(月)13:00-17:00
参加無料
主催:防災科研、JAMSTEC
https://clk.nxlk.jp/m/nTLY5U6YD

2月February

  ◯地質系業界オンライン交流会
主催: 日本地質学会
運営: 日本地質学会若手有志会
2月17日(金) 19:00-21:00
場所:Zoom によるオンライン開催
対象:どなたでも参加可能(要参加申込)
参加費無料
詳しくはこちらから

防災科研令和4年度成果発表会(ハイブリッド)
国難級災害を乗り越えるために 2023
『情報でつなぎ、災害対応を変える。』
2月21日(火)11:30-17:30
会場:東京国際フォーラム ホールB7
参加無料 ※会場参加の応募締切: 2月7日(火)
https://clk.nxlk.jp/m/rQsSa4bpD 

日本堆積学会20周年記念リレーセミナー(第4回)
2月21日(火)12:15-13:00
Zoomウェビナーオンライン開催(参加無料)
講演者:産業技術総合研究所 清家弘治 氏
演題:イベント堆積作用と生痕:嵐や津波を例に
https://sites.google.com/view/ssj20th/home

2022年度「深田賞」授賞式及び記念講演
2月27日(月)14:00-16:30
開催方法:Zoomウェビナーによるオンライン配信(一般参加)
募集人数:先着80名(一般参加)
参加無料,要事前申込:2/20(月)17時締切
https://fukadaken.or.jp/?page_id=7294

3月March

  西日本支部令和4年度総会・第173回例会
共催:島根大学総合理工学部地球科学科
3月4日(土) 例会・総会
会場:島根大学総合理工学部多目的ホールほか島根大学教養講義室棟2号館
講演・参加申込締切:2月1日(水)
(注) オンラインでの開催は致しません.
http://www.geosociety.jp/outline/content0025.html

令和4年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウム特別セッション
3月4日(土)
場所:秋葉原UDX シアター
(対面で実施.後日録画を期間限定でYouTube 配信)
参加無料,定員80名
参加登録締切:3月2日(木)17:00
https://www.env.go.jp/press/press_01067.html

令和4年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウム研究セッション
3月5日(日)
オンライン開催
参加無料,定員100名
参加登録締切:3月3日(金)17:00
講演申込締切:2月3日(金)正午必着
https://www.env.go.jp/press/press_01067.html

第3回JABEEシンポジウム
「大学ー企業の架け橋教育 ユニークな実例紹介」

3⽉5⽇(⽇)13:30-18:00(予定)
開催⽅法:Zoomによるオンライン⽅式
参加無料
http://geosociety.jp/science/content0152.html

地質情報展2023いわて
明日につなぐ大地の知恵
3⽉10⽇(金)-12日(日)
場所:岩手県立博物館〜岩手山を望める丘のミュージアム〜
(注)博物館の入館料がかかります
https://www.gsj.jp/event/johoten/2023/iwate/index.html

令和4年度筑波山地域ジオパーク学術研究助成金成果発表と教育シンポジウム
3月11日(土)13:30-16:30(オンライン)
参加締切:3月5日(日)
https://tsukuba-geopark.jp/page/page001026.html

第82回地学史研究会
3月11日(土)14:00-17:00
会場:早稲田奉仕園101号室
オンラインとハイブリッド
中陣隆夫「速水頌一郎・星野通平の海洋学的業績と思想について」
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[at]nifty.com※[at]を@マークにして送信してください

東海大学海洋研究所主催シンポジウム
「水中考古と地球科学―文理融合から導く総合学術知」
3月12日(日)13:00-17:00
会場:東海大学静岡キャンパス8号館4階PLAT
(YouTubeによる生配信もあります)
http://www.scc.u-tokai.ac.jp/iord/

(後)観察会 「宅地開発で隠れた衣笠断層帯を歩く」
主催:三浦半島活断層調査会
3月18日(土)9:30〜15:00
場所:京急久里浜駅--久村--鞍部--岩戸トレンチ--岩戸入口--大矢部四丁目--大矢部地区の衣笠断層)
参加申込締切:3月11日(土)
詳しくはこちら(PDF)

第240回イブニングセミナー(オンライン)
3月31日(金)19:30-21:30
演題:「零細及び金採掘の管理手法:今後の展開」
講師:村尾 智(第一工科大学 環境エネルギー工学科教授)
主催:NPO法人日本地質汚染審査機構
参加費:主催NPO会員及び学生の方(無料) 非会員の方(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm
 

4月April

  技術士を目指そう 修習ガイダンス2023
主催:技術士会修習技術者支援委員会
4月8日(土)13:00-17:00
場所:
1)オンライン(Zoomを使用)定員 700名
2)機械振興会館(東京都港区芝公園3-5-8)定員50名
参加費:3,000円 (会員、非会員共通)
https://www.engineer.or.jp/c_topics/009/009253.html

日本学術会議公開シンポジウム・第15回防災学術連携シンポジウム
「気候変動がもたらす災害対策・防災研究の新展開」 

4月11日(火)13:00-17:00
ZOOM ウェビナー 定員:1000名
https://janet-dr.com/060_event/20230411.html

日本堆積学会 2023 年新潟大会
4月22日(土)-24日(月)
会場:新潟大学
講演申込締切:3月22日(水)
https://sites.google.com/view/ssjconference2023niigata

5月May

  2023年「地質の日」関連行事はこちらから

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン)
5月26日(金)19:30-21:30
内容:健全な水循環と地下水
講師:眦茵〕痢NPO法人日本地質汚染審査機構理事長、第一工科大学自然環境工学科教授)
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

ワークショップ:掘削とモニタリングによる海山沈み込みとスロー地震の関係の解明
5月27日(土)9:00〜
場所:東京大学地震研究所1号館2Fセミナー室(対面&ハイブリッド)
※要参加申込
http://www.cc.kochi-u.ac.jp/~hassy/WS_SS/
問い合わせ:橋本善孝(高知大学)hassy(at)kochi-u.ac.jp
 

6月June

  第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン)
6月9日(金)19:30-21:30  
内容:地質汚染調査・土壌汚染状況調査概論
講師:駒井 武(東北大学客員教授(名誉教授))
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

地質学史懇話会[オンラインとハイブリッド]
6月10日(土)13:30-17:00
場所:早稲田奉仕園(東京メトロ東西線早稲田駅下車徒歩5分)
  • 小澤健史「ドイツ・ハーツ鉱山とドイツ系日本人ペーター・ハーツィング」
  • 今村遼平「中国地図測量史」続
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[at]nifty.com※[at]を@マークにして送信してください

日本学術会議シンポジウム
「最終氷期以降の日本列島の気候・環境変動と人類の応答」

6月11日(日)13:00-17:20
場所:オンライン開催(事務局主会場:島根大学)
参加費無料
申込締切:2023年6月7日(水)
https://www.esrec.shimane-u.ac.jp/docs2/2023042500015/

日本応用地質学会シンポジウム
6月16日(金)13:00〜17:00
テーマ :「応用地質学のD&I−多様な人材の活躍による応用地質学の発展」
開催方法:ハイブリッド形式
現地:東京大学柏キャンパス新領域環境棟FSホール
WEB :Zoom会議方式
参加申込締切: 6月9日(金)
https://www.jseg.or.jp/00-main/symposium.html

◯北海道支部2023年度例会(個人講演会)
6月17日(土)13:00-18:00
場所:北海道大学理学部5号館大講堂(5-203)
講演申込:6月7日(水)締切
http://geosociety.jp/outline/content0023.html

(後)日本学術会議公開シンポジウム「有人潜水調査船の未来を語る」
6⽉17日(⼟)13:00-17:00
場所:日本学術会議講堂 (オンライン配信ハイブリッド)
後援:日本地質学会ほか
⼀般参加可,参加費不要
https://www.scj.go.jp/ja/event/index.html

東京地学協会2023年度 特別講演会
6月17日(土)15:00〜16:30
場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)3階 富士(東)
講演:石原あえか(東京大学大学院総合文化研究科教授)
「鉱物コレクターとしてのゲーテ―岩石と対話する詩人」
申込不要
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/476-news230617.html

第241回イブニングセミナー(オンライン)
6月30日(金)19:30-21:30
演題:PFOSからPFASへーフッ素系界面活性剤を巡る国内外の動きー
講師:柴田康行(前東京理科大学環境安全センター副センター長)
参加費:主催NPO会員及び学生の方(無料) 非会員の方(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

深田地質研究所 2023年度研究成果報告会(ハイブリッド)
6月30日(金)13:00〜16:10
場所:深田地質研究所 研修ホール(東京都文京区)/Zoomウェビナー
内容:当研究所の事業紹介,昨年度研究事業成果の講演.
参加費:無料(Webページより要事前申込)
https://fukadaken.or.jp/?p=7498
 

7月July

  第4回国際黒曜石会議:
International Obsidian Conference(IOC) Engaru 2023
7月3日(月)-6日(木)
開催地:北海道紋別郡遠軽町
https://sites.google.com/view/iocengaru2023/home

(後)第60回アイソトープ・放射線研究発表会
7月5日(水)-7日(金)
会場:東京都内会場(予定)
発表演題申込締切:2月28日(火)
https://confit.atlas.jp/guide/event/jrias2023/top

深田地質研究所 第1回深田研講座「災害地質学」
7月7日(金)10:00-16:30
開催形式:オンライン配信(Zoomウェビナー)
対象:地球科学研究に従事する若手研究者および、地質・地盤調査や環境調査、測量調査などの実務に従事する技術者
参加費:無料(定員300名)要事前申込
https://fukadaken.or.jp/?p=7540

東京地学協会2023年度 定期講演会
7月8日(土) 13:30〜16:00
会場:東京グリーンパレス(全国市町村職員共済組合連合会福祉施設)
テーマ:水蒸気噴火のメカニズムと噴火予知への課題─最新の知見と火山防災─
参加費無料。申込不要。
http://www.geog.or.jp/lecture/lecturescheduled/475-news230708.html

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第3回目)
7月21日(金)19:30-21:30
内容:土壌汚染状況調査の流れと調査や対策の制約・難しさについて
講師:成澤 昇(株式会社環境地質研究所、地質汚染診断士)
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

第198回深田研談話会
跡倉ナップから探る日本列島の地体構造
7月24日(月)15:00-16:30
場所:深田地質研究所研修ホール+オンライン
講師:高木秀雄(早稲田大学)
参加申込締切:7月18日
https://fukadaken.or.jp/?p=7573

桧原湖湖底遺跡水中ドローン操縦体験と一般説明会
7月29日(土)10:00-17:00
JAMSTEC高知コア研究所・東海大学共催
場所:大山祗神社・金山集会場(福島県耶麻郡北塩原村桧原湖北部)
桧原湖湖底に眠る水中遺跡(桧原宿跡)の学術調査と関連して,
(1)これまでの研究成果を紹介する説明会
(2)水中ドローンを使用した水中遺跡の観察会,
を実際の調査現場で実施します.
参加無料
https://hibarajuku.labby.jp/news/detail/3219

8月August

  科学教育研究協議会第69回全国大会
8月4日(金)〜6日(日)
会場:与野本町コミセン,埼玉県立与野高等学校(さいたま市中央区本町)
https://kakyokyo.org/

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第4回目)
8月4日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査入門その1 地質環境問題の歴史と地質汚染 他
講師:風岡 修(地質汚染診断士、理学博士)
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

(後)シンポジウム:地学オリンピックと学校教育のこれから
8月6日(日)10:00-12:00
開催形式:zoomによるオンライン開催
対象:小学校〜大学教員,地学教育に関心のある方
https://jeso.jp/info/20230709-01.html

(共)岩石-水相互作用(WRI-17)または応用同位体地球化学(AIG-14)合同国際会議
8月18日(金)〜22日(火)
会場:仙台国際センター
口頭発表登録締切:3月31日
参加料金早期割引締切:4月30日
https://www.wri17.com/

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第5回目)
8月18日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査入門その2  透水層の対比方法、地質汚染調査手順の概要 他
講師:風岡 修(地質汚染診断士、理学博士)
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm
 
第77回地学団体研究会総会(ちちぶ)
8月19日(土)-20日(日)
開催方式:現地開催とオンラインのハイブリッド方式
現地会場:秩父市歴史文化伝承館(埼玉県秩父市)
https://www.chidanken.jp/

(後)学術会議公開シンポジウム
「オープンサイエンス時代における
学術データ・学術試料の保存・保管,共有問題の現状と将来」
8⽉20⽇(⽇)13:00-17:20
場 所:オンライン開催(⼀般参加・可)
https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/346-s-0820.html

令和5年度第1回キャリアデザインセミナー
主催:(一財)日本応用地質学会 ダイバーシティ推進委員会
8月23日(水)13:00〜15:00
開催形式:Web 開催(Zoom Meeting を使用)
内容:キャリアデザイン紹介:杉原千鶴(国際航業株式会社)/ 武田和久(ハイテック株式会社)
参加費無料・どなたでも参加いただけます
https://www.jseg.or.jp/pdf/20230727_Career_Design_Seminar_20231st.pdf
 
WCFS2023 Japan
Floating Solutions for the Next SDGs
8月28日-29日:論文発表等  
8月30日:オプション  テクニカルツアー
場所:日本大学理工学部(東京都千代田区神田駿河台)(予定)
https://wcfs2023.nextsdgs.org/
 

9月September

  第40回歴史地震研究会(小田原大会)
9月1日(金)〜3日(日)
会場:小田原三の丸ホール(神奈川県小田原市本町1丁目7-50)
https://www.histeq.jp/index.html

(後)第66回粘土科学討論会
9月12日(火)〜13日(水)
会場:戦災復興記念館(宮城県仙台市青葉区大町)
http://www.cssj2.org/

日本鉱物科学会2023年年会・総会
9月14日(木)〜16日(土)
会場:大阪公立大学杉本キャンパス(大阪市住吉区杉本)
http://jams.la.coocan.jp/

◯日本地質学会第130年学術大会(2023京都)
9月17日(日)-19日(火)
会場:京都大学
プレサイトはこちら

2023年防災推進国民大会(ぼうさいこくたい)
9月17日(日)-18日(月・祝)
場所:横浜国立大学(神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台)
https://bosai-kokutai.jp/2023/

(共)2023年度日本地球化学会 第70回年会
9月21日(⽊)-23日(土)
開催場所 東京海洋大学品川キャンパス会場(⼀部ハイブリッド)
口頭発表(ハイブリッド),ポスター発表(対面)
http://www.geochem.jp/meeting/

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第6回目)
9月22日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査におけるボーリング調査その1
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

学術会議公開シンポジウム
文化施設としての自然史系博物館を考える

9月23日(土)13:00−18:00
オンライン開催(配信,定員500名)
参加費無料・要事前登録
9月21日締切(定員になり次第締切)
https://www.scj.go.jp/ja/event/2023/348-s-0923-2.html

第242回イブニングセミナー(オンライン)
9月29日(金)19:30-21:30
演題:「地下水汚染の自然浄化作用と地圏環境リスク評価」
講師:川辺能成 先生(早稲田大学創造理工学部)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

日本堆積学会20周年記念行事
9月30日(土)
会場:法政大学市ケ谷キャンパススカイホール
早期参加登録(9月15日締切)
https://sites.google.com/view/ssj20th/home

10月October

  (協)Techno-Ocean 2023
10月5日(木)〜7日(土)
会場:神戸国際展示場2号館 ほか
https://to2023.techno-ocean.com/

JAAS年次大会2023「会いに行ける科学者フェス」
10月7日(土)〜13日(金)
会場:秋葉原UDX( 東京都千代田区外神田)&ハイブリッド
ポスター・展示募集:7/21(金)締切
https://meetings.jaas.science/

国際ゴンドワナ研究連合(IAGR)2023年総会及び第20回ゴンドワナからアジア国際シンポジウム
10月8日〜9日(シンポジウム)
10月10日〜11日(糸魚川ユネスコ世界ジオパーク野外巡検)
会場:新潟大学中央図書館ライブラリーホール(新潟市西区五十嵐2の町8050)
問い合わせ:M. Satish-Kumar,iagr2023[at]geo.sc.niigata-u.ac.jp

海底地質リスク評価研究会講演会
「我が国は本当に海洋⽴国なのか?」

10月12日 (水)15:00から
会場:基礎地盤コンサルタンツ本社(ハイブリッド)
講師:阪口 秀氏(笹川平和財団海洋政策研究所 所⻑)
https://www.kiso.co.jp/sssgr/topics/events/entry-1007.html

藤原ナチュラルヒストリー振興財団九州シンポジウム
「天変地異の時代〜火山列島に生きる〜」

会場:アクロス福岡 7階大会議室(福岡市中央区天神1丁目)
ハイブリッド開催
10月15日(日) 13:00-16:45
参加費無料(要参加申込:10/5締切)
https://fujiwara-nh.or.jp/archives/2023/0801_160223.php#!

中谷医工計測技術振興財団オンラインセミナー
 「学習指導要領改訂とその後」探究的な学びは生徒と教員をどう変容させるのか?
10月17日(火) 15:00-16:30
参加無料(要事前申込:10/13締切)
https://x.gd/PN9B3

2023年度日本火山学会秋季大会
10月18日(水)〜21日(土)
会場:かごしま県民交流センター(予定)
http://www.kazan-g.sakura.ne.jp/J/

深田研 一般公開2023
10月22日(日)10:00-16:00
会場:公益財団法人深田地質研究所(東京都文京区本駒込)
入場無料
https://fukadaken.or.jp/?page_id=7719

2023年度第2回地質調査研修
10月23日(月)- 27日(金)
場所:島根県出雲市長尾鼻周辺(小伊津海岸)
研修内容:野外での地層・岩石の観察ポイントからまとめまで、地質図を作成するための基本的事項を事前のe-ラーニングと5日間の対面研修で習得します。
※今回は、大学・会社等で一度は地質図を書いたことのある初級者向けの内容で行う予定です。
定員:6名(定員になり次第締切)
https://www.gsj.jp/geoschool/geotraining/2023-2.html

第4回 鉱物肉眼鑑定研修
10月25日(水)〜27日(金)
主催:産総研コンソーシアム「地質人材育成コンソーシアム」
研修場所:産総研つくば第七事業所
研修内容: 鉱山会社に勤務する技術者が、金属鉱山等で産出する鉱物を肉眼で鑑定できるよう、 実際の鉱物を用いてその特徴を理解し、判別可能な能力を身につけることを目的とします。
定員:5名(鉱業系の会社(商社含む)・組織の方に限る)
申込締切:10月2日(ただし定員に達し次第受付終了)
https://www.gsj.jp/geoschool/koubutsu/4th.html

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第7回目)
10月27日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査におけるボーリング調査その2
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

第62回温泉保護・管理研修会
10月30日(月)-31日(火)
場所:北とぴあ つつじホール(東京都北区王子)
主催:公益財団法人中央温泉研究所
http://www.onken.or.jp/seminar.html

11月November

  山梨県富士山科学研究所
火山防災軽減のための方策に関する国際ワークショップ2023

‐大規模噴火による都市部への影響‐
11月2日(木)13:00-16:20
会場:東京・TKP東京駅大手町カンファレンスセンター(ライブ配信あり)
https://www.mfri.pref.yamanashi.jp/kazan/2023wssp/
 
山梨県富士山科学研究所
国際シンポジウム2023

大規模噴火による火山近傍への影響と対応
11月4日(土)13:15-16:50
会場:山梨県富士山科学研究所ホール(富士吉田市上吉田)
(ライブ配信あり)
https://www.mfri.pref.yamanashi.jp/kazan/2023wssp/2023SPleaflet.pdf

(後)第23回こどものためのジオ・カーニバル
11月4日(土)-5日(日)
会場:大阪市立自然史博物館 (ネイチャーホール)
参加費無料
http://geoca.org/

(協)石油技術協会令和5年秋季講演会
「CCS事業化に向けた取組と課題」
11月8日(水)9:30-17:30
場所:東京大学小柴ホール(ハイブリッド開催予定)
https://www.japt.org/

第199回深田研談話会
11月10日(金)15:00-16:30
テーマ:プチスポット海底火山
講師:平野 直人 氏
参加費:無料
定員:会場参加(30名)・オンライン参加(上限450名)
https://fukadaken.or.jp/?p=7791

堆積学スクール 2023「日南・宮崎層群の深海相と生痕相」
11月11日(土)〜13日(月)
講師:石原与四郎 氏(福岡大)・菊地一輝 氏(中央大)
定員:30名程度
参加申込締切:10月20日(金)
http://sediment.jp/

火山噴火と防災・観光シンポジウム2023
―草津白根山・御嶽山・箱根山―

11月17日(金)・18日(土)
会場:草津温泉ホテルヴィレッジ,またはオンライン
参加無料
要事前参加申込(11/14締切)
https://www.titech.ac.jp/event/pdf/event-33205-2.pdf

(後)第33回社会地質学シンポジウム
11月24日(金)-25日(土)
場所:日本大学文理学部(ハイブリッド)
参加登録締切:11月22日

<特別講演>(一般公開・Youtube同時配信)

タンザニアでのJICAの活動 国際協力の現場から:荒 仁

<招待講演>(参加登録者のみ)

・北海道寿都町、神恵内村の文献調査について:兵藤英明

・日本原子力研究開発機構が実施してきた超深地層研究所計画の歩み:笹尾英嗣

https://www.jspmug.org/envgeo_sympo/33rd_sympo/

2023年度「深田賞」授賞式及び記念講演会
11月29日(水)14:30〜16:15
開催方法:オンライン配信(一般参加)
【記念講演】山岳トンネルを対象とした私の地質工学を振り返る
(国際航業株式会社 最高技術顧問 大島洋志 氏)
参加費無料
申込締切: 11月22日(水)17時
※募集人数(500名)に達し次第,締め切ります.
https://fukadaken.or.jp/?page_id=7831

(協)第39回ゼオライト研究発表会
11月30日(木)〜12月1日(金)
会場:タワーホール船堀(東京都江戸川区)
内容:ゼオライト、メソ多孔体およびその類縁化合物に関連した研究の基礎から応用までをテーマに、特別講演、総合研究発表、一般研究発表を行うとともに、カーボンニュートラル特別企画の依頼講演を予定
参加申込締切:11月29日(水)12時
https://jza-online.org/events/
 

12月December

  2023年度日本アイソトープ協会シンポジウム
「宇宙から探る未来〜カギとなる放射線〜」基調講演:土井隆雄氏
12月1日(金)13:00〜17:30
ハイブリッド開催
会場:日本科学未来館 7階 未来館ホール(東京・お台場)
参加費無料(11月10日(金)申込締切)
https://www.jrias.or.jp/seminar/cat6/114.html

New Horizons in Forensic Geoscience: 
The Bedrock of International Security 
in Minerals, Mining, Metals, Murders and the Missing

12月4日(月)-5日(火)
会場 Burlington House, London, UK
https://www.geolsoc.org.uk/012-FGG-New-Horizons

2023年度分野横断型研究集会
「地球表層における粒子重力流のダイナミクス」

12月6日(水)10:00-18:00
開催場所:防災科学技術研究所東京会議室(東京) & オンライン(zoom)
参加登録は12月1日(金)17時まで
https://sites.google.com/view/gravity-current2023/

第40回地質調査総合センターシンポジウム
令和5年度地圏資源環境研究部門研究成果報告会

海と陸をつなぐ地下水の動き
―地層処分研究における地圏資源環境研究部門の取り組み―
12月8日(金)13:30-17:15(予定)
会場:秋葉原コンベンションホール & Hybrid スタジオ
定員:150名(事前登録制:12/4締切),参加費無料
CPD: 3.5単位
https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/sympo40/index.html

第32回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第8回目)
12月8日(金)19:30-21:30
内容:観測井戸の設置地点・深度、電気検層 他
参加費:無料(事前登録制)CPD:2単位
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

下北ジオパーク学術研究発表会(zoom)
12月10日(日)14:00-16:00
参加無料・要事前申込
https://x.gd/svZcp

第60回技術サロン
12月16日(土)13:00-16:00【Zoom】
対象:技術者及び技術士を目指す女子学生・女性社会人
内容:技術士制度の説明、技術士とのフリーディスカッション等
※受験指導や技術士の斡旋等は行っておりません.技術士の方はご遠慮ください.
参加費無料,定員15名程度
申込締切:12月11日(月)もしくは定員に達した場合
詳しくはこちら(PDF)

地質学史懇話会
12月17日(日)13:30-17:00
場所:王子、北とぴあ 805号室
  • 小澤健志:ライプニッツ(1646-1716)から見たP.ハルツィングの風車・水車計画
  • 矢島道子:日本最初の理学博士保井コノ
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[at]nifty.com※[at]を@マークにして送信してください

STAR-Eプロジェクト第3回研究フォーラム
〜情報科学×地震学で拓く未来と産学共創〜

12月22日(金)13:00〜15:35
対象:情報科学や地震学分野等の大学生・大学院生、当核分野における研究者等(民間企業も含む)
会場:オンライン(Zoom)
参加費無料
申込締切:12月21日(木)12:00
https://star-e-project-20231222.eventcloudmix.com/

第243回イブニングセミナー(オンライン)
12月22日(金)19:30〜21:30
演題:「自然から学ぶ放射性廃棄物処分の知恵」
講師:湯佐泰久先生(元JAEA 前富士常葉大学環境防災学部 教授)
参加費:主催NPO会員及び学生の方(無料) 非会員の方(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

シンポジウム「火山噴火の中長期的予測に向けた研究の現状と今後の課題」
12月23日(土)9:30〜17:30
方式 : オンライン(Zoom Webiner)
主催:地震・火山噴火予知研究協議会,火山計画推進部会
参加無料
https://www.eri.u-tokyo.ac.jp/YOTIKYO/H31-R5/R5/symposiumKazan20231223.html