日本地質学会国際賞(1997年創設)

※各受賞者または対象研究テーマをクリックすると、推薦理由等をご覧いただけます。

  【 受賞者 】 【 対象研究テーマ 】
2017 Richard S. Fiske(スミソニアン協会・国立自然史博) 海底噴火における水中火砕流の運搬・堆積機構
2016 Roberto Compagnoni(トリノ大学) 変成岩岩石学
2014 江 博明 (JAHN, Bor-ming)(国立台湾大学) 地球惑星物質の地質年代学,同位体・微量元素地球化学,地殻進化の研究
2011 J. Casey Moore(米国カリフォルニア大学) 付加体の陸上および海洋地質学的研究
2010 Juhn G. Liou(米国スタンフォード大学) 低温高圧・超高圧変成作用の研究と日本の地質学界への貢献学
2009 太田昌秀(元 ノルウエー極地研究所) 極域の地質学
2007 David H. Green(オーストラリア国立大学名誉教授) マグマ生成論およびリソスフェアの進化に関する実験岩石学・地球化学的研究
2007 Allan White(オーストラリア,ラ・トローブ大学名誉教授) レスタイトモデルによるIタイプ・Sタイプ花崗岩の分類とその成因の研究
1998 W.G.Ernst(米国 スタンフォード大学) 三波川変成帯の研究と日本列島のテクトニクス