11月のイベント・特別展示カレンダー (2009/11/04〜2009/12/01)

 イベントの詳細については、リンク先の主催館Webページをご覧ください。 なお、イベントには事前申し込みが必要なもの対象者・対象年齢に制限があるもの参加費が必要なものなどがありますので、お出かけの際には、主催する博物館へ詳細をお問い合わせ下さい

11月の特別展示

2009/11/04 現在

  • 小さなアリの大きな世界 (鹿児島県 鹿児島大学総合研究博物館)
    • 期間:11/04(水)〜12/08(火)
    • 場所:鹿児島大学郡元キャンパス 総合教育研究棟2階プレゼンテーションホール
    • 世界中いたるところにアリはいる!体は小さいけれど、奥行きの深いアリの世界をさまざまな角度から紹介します。
  • 第34回企画展「BONES」 (群馬県 群馬県立自然史博物館)
    • 期間:9/19(土)〜11/23(月)
    • 場所:群馬県立自然史博物館企画展示室
    • 「みるきくかぐたべるうごくふやす」といった動物の動きをキーワードに、骨から読み解いた動物たちの生活を紹介します。
  • 第17回企画展示『骨の記憶 あなたにきざまれた五億年の時』 (滋賀県 滋賀県立琵琶湖博物館)
    • 期間:7/18(土)〜11/23(月)
    • 場所:滋賀県立琵琶湖博物館
    • 私たちの体に残された五億年の進化の面影やヒトらしさはどこにあるのかを写真、図、解説などで説明した本。骨の楽しみ方も紹介しています。
  • デザin Stone (静岡県 奇石博物館)
    • 期間:7/18(土)〜12/23(水)
    • 場所:奇石博物館 企画展示室
    • 石の中に隠されているデザインをクローズアップしてご紹介します。
  • 総合国際深海掘削計画アウトリーチ深海底研究最前線「地球をほる?ジョイデス・レゾリューション号の地球を知る旅324」 (東京都 国立科学博物館,日本地球掘削科学コンソーシアム(J-DESC),統合国際深海掘削計画アメリカ実施機関(IODP USIO),協力:海洋研究開発機構(JAMSTEC))
    • 期間:9/08(火)〜11/08(日)
    • 場所:国立科学博物館
    • 地球のことを知るために、地球を直接掘って調べよう!というプロジェクトがあります。私たちの住む星地球には、まだまだ分かっていない環境や歴史があります。これらについて解明するために、海の上から地球を掘っている船があります。世界中からたくさんの研究者が乗り込んで、掘って得られた岩石を調べています。今回の航海で、海底の超巨大火山「シャツキー海台」を目指します。
  • 国会議事堂の石 −議事堂に使われた阿南市および那賀町産大理石− (徳島県 徳島県立博物館、阿南市立阿波公方・民俗資料館)
    • 期間:9/25(金)〜11/05(木)
    • 場所:阿南市立阿波公方・民俗資料館(阿南市那賀川町古津339-1)
    • 大正時代から昭和の初めまで、現在の阿南市や周辺地域では、建築用石材として大理石(石灰岩)が大量に切り出され、全国各地の建築物に使われました。その中で最も有名なものが、大正9年に着工され、昭和11年に落成した国会議事堂です。国会議事堂の内装にはおもに国産の大理石が使われています。県別にみると、内装用石材の中で最も多用されているのが徳島県産のもので、しかも目立つところに特に多く使われています。産地は阿南市の5か所と那賀町の2か所です。この企画展では、国会議事堂に使用されている石材の学術的意義を紹介し、徳島県産の7種類の大理石のそれぞれについて、写真パネルと関連資料を展示します。
  • 化石は語る−生物の進化と古環境− (長野県 飯田市美術博物館)
    • 期間:10/31(土)〜2/07(日)
    • 場所:飯田市美術博物館 展示室B
    • 美術博物館所蔵の鎮西コレクション、寄託の長谷川コレクションを中心に、貝類や植物などの化石を展示します。クルミの進化、貝などを含む地層の古環境を調べた例も紹介します。
  • 世界ジオパーク展 −日本最初の認定地をめざす糸魚川− (新潟県 新潟県、糸魚川市教育委員会博物館)
    • 期間:4/25(土)〜11/30(月)
    • 場所:フォッサマグナミュージアム ふるさと展示室
    • 世界ジオパークをめざす糸魚川の多様な大地とそれらが育んだ動植物、文化財などを紹介しています。野外のジオサイトへ出かけて大地の魅力を感じてみてください。
  • 「糸魚川ジオパーク展 −ヒスイ,化石,断層,見どころいっぱい−」 (新潟県 新潟大学旭町学術資料展示館企画展・新潟大学理学部)
    • 期間:9/01(火)〜11/29(日)
    • 場所:新潟大学旭町学術資料展示館
    • 糸魚川産のヒスイ,アンモナイトやサンゴなどの化石,糸魚川から発見された新鉱物などを展示し,新潟大学理学部がこれまでに実施してきた糸魚川地域の研究成果を一般公開しています.理学部のサイエンスミュージアムなどとの間でスタンプラリーも実施中. 問い合わせ先:新潟大学旭町学術資料展示館(025-227-2260)
  • 小池コレクション展2 化石の魅力 (長野県 信州新町化石博物館)
    • 期間:9/12(土)〜12/13(日)
    • 場所:信州新町化石博物館 企画展示室
    • 企画特別展「小池コレクション展1」では、当館館外研究員の小池伯一さんが採集した海生哺乳類化石の研究成果を元に紹介いたしました。今回は「化石の魅力」と題して、小池伯一さんが収集した標本の中から、三葉虫・アンモナイト・魚類化石など一般的によく知られている化石を中心に展示し、さらに小池さんが採集され、研究を進めた標本と研究成果についても紹介いたします。  様々な化石を通して、化石の持つ美しさやおもしろさ、生命の歴史などの「化石の魅力」をお楽しみ下さい。
  • 竜と獣の道展〜太古の兵庫を歩いた生き物たち〜(兵庫県立人と自然の博物館)
    • 期間:10/24(土)〜12/27(日)
    • 場所:兵庫県立人と自然の博物館3F展示室
    • 兵庫県では「アカシゾウ」(=アケボノゾウ)の化石が古くから知られていましたが,最近10年ほどの間に,丹波の恐竜に加えて,北神戸・三田の哺乳類化石や淡路の恐竜・翼竜化石など,日本の古生物学史上,めざましい発見が相次いでいます.今回の特別企画では,太古の兵庫を歩いたこれら「竜」と「獣」の化石を最新の研究成果を交えながらご紹介します.
      観覧料:大人: 200円,高校・大学生:150円,小・中学生:100円
  • PukaPukaのいる海 (岐阜県 瑞浪市化石博物館)
    • 期間:10/17(土)〜11/29(日)
    • 場所:瑞浪市化石博物館別館特別展示室
    • 名古屋大学大学院環境学研究科で行われている化石の研究成果を紹介します。私達が日頃見ることが出来ない外洋を泳いでいる小さな貝の仲間たち(翼足類(よくそくるい))の化石を中心に展示し、海の生態系について紹介します。

11月のイベント

2009/11/04 現在

日付 イベント
11/04
(水)
 
11/05
(木)
 
11/06
(金)
 
11/07
(土)
  • 房総の山の観察会 泥だんごで学ぶ地質学 (千葉県 千葉県立中央博物館) 
    • 場所:千葉県君津市
    • 時間:13:00〜16:00
    • 15分で完成する泥だんご作りを通して千葉県の大地の成り立ちを学びます(雨天時は11月14日に延期します).
    • 往復葉書かファクスに行事名と参加希望者全員の氏名・年齢・住所・電話番号を記入し,2週間前までに千葉県立中央博物館あてに申し込みください.定員を越えた場合は抽選となります.
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11:00〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
  • ミュージアムナイトツアー (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館展示室
    • 時間:17:30〜19:00
    • 昼間とは違った雰囲気の夜の博物館をミュージアムガイドが案内します。
    • 定員:各回30人。対象は小学生以上、ただし小学生は保護者と参加のこと。回とも実施日の2週間前にハガキ必着。参加希望日は1枚のハガキに一つ記入してください。参加希望者はご家族のみの記入でお願いします。ハガキは一家族一通。応募者多数の場合は抽選(抽選結果はハガキで通知)。
11/08
(日)
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11時0、14時0〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
  • 北方文化共同研究の現場から「小氷期(Little Ice Age)の中のアイヌ」 (北海道 北海道開拓記念館) 
    • 場所:北海道開拓記念館 講堂
    • 時間:13:30〜15:30
    • カナダとの共同研究で訪れたAthabasca氷河は、数百年前の地球規模の寒冷期(小氷期)を記録していました。当時の異常な寒さは、道内の地質調査や文書記録等からも読みとれます。極寒の小氷期はアイヌの人たちにどのような影響を与えたのでしょうか?講師:添田雄二(北海道開拓記念館学芸員)
    • 2009年11月9日(金)からお電話で受付します。定員100名。
11/09
(月)
 
11/10
(火)
 
11/11
(水)
 
11/12
(木)
 
11/13
(金)
 
11/14
(土)
  • 多賀の銘石めぐり (滋賀県 多賀町立博物館) 
    • 場所:滋賀県多賀町
    • 時間:9:15〜12:00
    • 多賀町にあるさざれ石や蛇石など、多賀の大地に秘められた銘石の数々を訪ねます。定員20名。参加費100円、事前申込が必要です。
    • 申し込みは各行事の20〜30日ぐらい前から受け付けております.内容等が変更になる場合がありますので、事前に博物館までご確認ください。 お問い合わせ・申し込みは TEL:0749-48-2077 FAX:0749-48-8055 へご連絡、もしくは博物館カウンターへお越しください。
  • 伊那山脈の花崗岩類と変成岩類 (長野県 伊那谷自然友の会) 
    • 場所:長野県飯田市および松川町0喬木村
    • 時間:8:00〜16:30
    • 伊那山脈西麓、加々須累帯火成岩体周辺のいろいろな火成岩体と変成岩同士が接する付近を見学します。案内者は手塚恒人さん。
    • 村松(飯田市美術博物館 0265-22-8118)
  • 大阪自然史フェスティバル2009 (大阪府 特定非営利活動法人大阪自然史センター、関西自然保護機構、大阪市立自然史博物館、大阪市地域文化芸術振興プラン推進事業実行委員会)
    • 場所:大阪市立自然史博物館 本館、ポーチ、ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2F)
    • 時間:9:30〜16:30
    • 大阪自然史フェスティバルは、自然関連のサークル、地域の自然保護団体などが活動を紹介し、交流を深め、市民のみなさんに大阪の自然の現状や自然に関わる活動の楽しさを知っていただくイベントです。これまでに大阪市立自然史博物館では「大阪自然史フェスティバル」を2003年、2004年、2006年と過去3回開催し、今回で4回目の開催となります。
    • 11/15(日)まで
  • 小さな生命を撮る (鹿児島県 鹿児島大学総合研究博物館) 
    • 場所:鹿児島大学郡元キャンパス 総合教育研究棟203室
    • 時間:13:30〜15:30
    • 世界的に活躍する昆虫写真家 栗林 慧氏が、50年にわたるアリとの付き合いを通して知った、その生き方の不思議を縦横に語ります。
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11:00〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
11/15
(日)
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11時0、14時0〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
  • 弦楽器とピアノの調べ (鹿児島県 鹿児島大学総合研究博物館) 
    • 場所:鹿児島大学郡元キャンパス 総合教育研究棟エントランスホール
    • 時間:13:30〜14:30
    • チェロの有村航平氏、ヴァイオリンの久保吹音氏、ピアノの植村富士子氏による演奏を楽しみます。
11/16
(月)
 
11/17
(火)
 
11/18
(水)
 
11/19
(木)
 
11/20
(金)
 
11/21
(土)
  • アンモナイトの壁を調べよう (神奈川県 神奈川県立生命の星・地球博物館) 
    • 場所:神奈川県立生命の星・地球博物館
    • 時間:10:00〜15:30
    • 展示室の「アンモナイトの壁」や標本を観察します。何度もくわしく見ていると、いろいろなことに気づきます。グループでの観察を楽しみます。
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11:00〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
  • ミュージアムナイトツアー (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館展示室
    • 時間:17:30〜19:00
    • 昼間とは違った雰囲気の夜の博物館をミュージアムガイドが案内します。
    • 定員:各回30人。対象は小学生以上、ただし小学生は保護者と参加のこと。回とも実施日の2週間前にハガキ必着。参加希望日は1枚のハガキに一つ記入してください。参加希望者はご家族のみの記入でお願いします。ハガキは一家族一通。応募者多数の場合は抽選(抽選結果はハガキで通知)。
  • 翼足類・ケイソウを見てみよう (岐阜県 瑞浪市化石博物館) 
    • 場所: 瑞浪市化石博物館別館研修室
    • 時間:13:00-16:00
    • 特別展にあわせ、名古屋大学大学院環境学研究科大学院生により、顕微鏡の使い方の解説や実物の翼足類・ケイソウ化石等を顕微鏡で観察します。
    • 事前申し込みの必要はありません。当日来ていただける方ならだれでも参加できます。
11/22
(日)
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11時0、14時0〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
  • 翼足類・ケイソウを見てみよう (岐阜県 瑞浪市化石博物館) 
    • 場所: 瑞浪市化石博物館別館研修室
    • 時間:13:00-16:00
    • 特別展にあわせ、名古屋大学大学院環境学研究科大学院生により、顕微鏡の使い方の解説や実物の翼足類・ケイソウ化石等を顕微鏡で観察します。
    • 事前申し込みの必要はありません。当日来ていただける方ならだれでも参加できます。
11/23
(月)
勤労感謝の日
  • テーマ別自然観察会「1400万年前の火砕流」 (大阪府 大阪市立自然史博物館・地学団体研究会大阪支部) 
    • 場所:奈良市中ノ川町
    • 奈良市の中ノ川町付近に分布する約1400万年前の火砕流でできた石仏凝灰岩を観察します。火山の噴煙中の中でつくられた火山豆石、マグマが発泡してできた軽石を観察できます。地層を見ながら石仏凝灰岩のでき方を考えてみましょう。(終日;雨天中止)
    • 往復はがきに「1400万年前の火砕流」と明記の上、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信連絡先(往復はがきには返信用の宛名)を書いて11月8日(日)までに届くように、自然史博物館普及係宛に申し込んで下さい。自然史博物館ホームページからも申込みできます。
11/24
(火)
 
11/25
(水)
 
11/26
(木)
 
11/27
(金)
 
11/28
(土)
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11:00〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
11/29
(日)
  • テーマ別自然観察会「270万年前のメタセコイア」 (大阪府 大阪市立自然史博物館・みなくち子どもの森自然館) 
    • 場所:滋賀県湖南市 野洲川
    • 270万年前の地層(古琵琶湖層群)が露出する滋賀県湖南市の野洲川河床で、メタセコイアの球果化石を探したり、株の化石を観察します。ゾウやシカの足跡化石も見られるかもしれません。足場の悪い河原を含め約7km歩きます(健脚向き;終日;雨天中止、増水の場合も中止。)
    • 往復はがきに「270万年前のメタセコイア」と明記の上、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号、返信連絡先(往復はがきには返信用の宛名)を書いて11月13日(金)までに届くように、自然史博物館普及係宛に申し込んで下さい。自然史博物館ホームページからも申込みできます。
  • 木の葉化石の発掘体験 (徳島県 徳島県立博物館) 
    • 場所:徳島県立博物館
    • 時間:13:30〜15:30
    • 栃木県の那須塩原には、塩原層群という約50030万年前の湖の地層があります。この地層からは、木の葉の化石がたくさんでます。塩原層群の石を割って植物の葉の化石を探してみませんか? 運がよければ魚や昆虫などが見つかるかも!
    • 往復はがきに 1. 希望行事名   2. 参加希望者全員の氏名と住所(学生の場合は学年も)3. 電話番号を記入し、行事予定日の1ヶ月前から10日前までに届くように徳島県立博物館普及係(〒770-8070 徳島市八万町向寺山)までお申し込みください。大学生・一般は、材料費100円が必要です。
  • 化石レプリカ教室 (長野県 飯田市美術博物館) 
    • 場所:飯田市美術博物館 展示室B前のロビー
    • 時間:10:00〜
    • オオバタグルミ・恐竜・アンモナイト化石などのレプリカ作成。材料費は1個100円。午前10時0午後4時に随時受付
    • 午前10時0午後4時に随時受付
  • ビデオ上映会「ディスカバリーチャンネル・羽毛恐竜の誕生」 (群馬県 群馬県立自然史博物館) 
    • 場所:群馬県立自然史博物館学習室
    • 時間:11時0、14時0〜
    • ビデオの上映
    • 参加費は無料。学習室で行事のある日は開催しません。
  • 姫島産黒曜石の移動 (徳島県 徳島県立博物館) 
    • 場所:徳島県立博物館
    • 時間:13:30〜15:00
    • 黒曜石は、ヤジリなど打ち欠いて作る石器の材料として有名ですが、産地は限られています。大部分のものは黒いのですが、姫島産黒曜石は白く濁っており、肉眼でもその特徴がよく分かります。姫島は大分県の国東半島の北東に浮かぶ島で、ここの黒曜石は瀬戸内海、豊後水道などの沿岸を中心に運ばれていきます。徳島県那賀川流域の例も紹介します。
11/30
(月)
 
12/01
(火)
 

情報をご提供いただいた博物館の皆様,ご協力ありがとうございました。

博物館等 関係者の皆様へ

上記の期間およびそれ以降に実施を予定されている地学関係のイベントがございましたら、是非、学会Webページ内のフォームまたはメールにて情報をお寄せください
その際、以下の内容をまとめてお送り頂けますと助かります。

  • イベント種別: (特別展示・野外観察会・体験イベント・講演会・講座 のいずれか)
  • 都道府県
  • 主催館(者)
  • タイトル
  • 日時
  • 場所
  • 内容
  • 事前申込: (必要・不要 のいずれか)
  • 申込詳細: 必要な場合のみ
  • URL