┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
┴┬┴┬ 【geo-Flash】 日本地質学会メールマガジン ┬┴┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬ No.067 2009/06/16 ┴┬┴┬  <*)++<<  ┴┬┴┬┴┬
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
★★目次 ★★
【1】2009岡山大会ニュース あっ来週締切だ!
【2】地質学雑誌:文献英文併記と図表・キャプションの英文化を
【3】コラム:地球の体温を測って,地球に電気を流す
【4】2009年度日本地球化学会年会(共催:日本地質学会他)
【5】第15回GSJシンポジウム
【6】3rd International Tsunami Field Symposium(in 仙台)
【7】公募・各賞助成(各2件)
【8】地質マンガ「岩石の色」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】2009岡山大会ニュース *講演申込:6/23締切です
──────────────────────────────────
■講演申込:もうすぐ締切です!!
岡山大会の講演申込締切まで後1週間です。
講演申込締切は、6月23日(火)です(郵送の場合は6/19)。
早めのお申し込みをお願いいたします。
岡山大会ホームページ
http://www.geosociety.jp/okayama/content0001.html

■岡山大会に関連したプレス発表を希望される方へ
岡山大会で発表される予定の案件で,学会からのプレス発表をご希望の方は,8月
10日(月)までに学会事務局にご連絡願います.全ての案件をプレス発表するこ
とはできませんが,社会への情報発信として特筆すべき成果は積極的に公表して
行きたいと考えております.会員の皆様におかれましては,プレスリリース解禁
日をお守りいただき,公平かつ効果的な情報発信にご協力願います.不明な点は
学会事務局までお問い合わせ願います.
登録締切:8月10日(月)
プレス発表(投げ込み):8月21日(金)
現地説明会(解禁日):8月28日(金)(予定)
連絡先:日本地質学会事務局<journal@geosociety.jp>

■理科教員対象見学旅行:参加者募集中
実施日:2009年9月5日(土)8:30集合
テーマ:岡山県南部の花崗岩類(万成石)と文化地質学
申込締切:申込者数が定員に達し次第,申込を終了させていただきます.
詳しくは、 http://www.geosociety.jp/okayama/content0007.html#field-trip

■小さなEarth Scientistのつどい:参加校募集中
申込締切:2009年7月7日(火)
http://www.geosociety.jp/okayama/content0007.html#earth-scientist
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】文献英文併記と図表・キャプションの英文化をお願いします
──────────────────────────────────
これまでもニュース誌等でお知らせして参りました通り,日本地質学会の法人
化に伴い,学会諸規則の整備が行われ,その中の一つとして,従来の編集規約,
投稿規定などの編集に関わる規則を一本化,内容も一部改訂し,新しい編集規則
を作成いたしました.
従来からの大きな変更点は,引用文献リストや図表およびキャプションの英文
化です.これは,インパクトファクターの附帯化,国際的な相互引用化をめざす
ためにも必要不可欠なものです.地質学雑誌の更なる充実・地位向上のため会員
の皆様のご協力をお願いいたします.
具体的には,2009年9月1日以降,新規に投稿される投稿原稿全てに新規則が適
用されます.また,また第115卷9号(2009年9月号)以降の掲載論文に関しても適
用となりますので,既にご投稿中の著者にも随時修正をお願いする次第です.

新しい編集規則は,学会ホームページまたは地質学雑誌巻末をご参照ください.
http://www.geosociety.jp/publication/content0038.html

2009年6月 地質学雑誌編集委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】コラム:地球の体温を測って,地球に電気を流す
──────────────────────────────────
川村喜一郎(財団法人深田地質研究所)ほか

会議の様子平成20年8月18日〜9月11日まで,海洋研究開発機構の深海調
査研究船「かいれい」による日本海溝での調査航海(KR08-10)が行われた.この
航海では,日本海溝周辺の海底で地殻熱流量を測定することが主な目的であった.
さらに,「かいれい」に搭載されている無人探査機「かいこう7000II」を用いて,
海底に人工電流を流し,それを海底電位差計で受信する,いわゆる人工電磁探査
を海底で行うための実験も行った.
続きはこちらから、、http://www.geosociety.jp/faq/content0056.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】2009年度日本地球化学会年会(共催:日本地質学会他)
──────────────────────────────────
会期:2009年9月15日(火)-17日(木)
会場:広島大学理学部(東広島市鏡山1-3-1)
講演申込、講演要旨原稿受付:7月13日(月)14時まで受付。
参加予約申込:8月28日(月)14時まで受付。
年会事務局:
〒739-8526 東広島市鏡山1-3-1
広島大学大学院理学研究科地球惑星システム学専攻内
e-mail:GSJ2009@hiroshima-u.ac.jp
大会HP:http://www.wdc-jp.biz/geochem/2009
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】第15回GSJシンポジウム
──────────────────────────────────
「古地震と現在の地殻活動から地震を予測する—産総研 活断層・地震研究セン
ターが目指す地震研究—」
日時:2009年7月2日(木) 13:00〜17:35(受付12:30〜)
場所: 秋葉原ダイビルコンベンションホール  
主催:(独)産総研・地質調査総合センター
参加費:無料 定員:300名
詳しくは,http://www.gsj.jp/Event/090702sympo/index.html
継続教育としてのCPD5単位が認定されます.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】3rd International Tsunami Field Symposium(in 仙台)
──────────────────────────────────
東北大学では,2010年4月10−11日に,津波の国際シンポジウム
(3rd International Tsunami Field Symposium)を開催するこ
とになりました.シンポジウム後には,仙台,三陸,沖縄(石垣
島)での巡検も企画しております(三陸・沖縄はオプション).

参加登録,要旨投稿などの情報は,8月末公開予定のSecond Circularでお知
らせする予定です.宜しくお願いいたします.
詳細は
http://www.tsunami.civil.tohoku.ac.jp/hokusai3/E/itfs2010/

3rd International Tsunami Field Symposium実行委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】公募・各賞助成(各2件)
──────────────────────────────────
■東京工業大学大学院理工学研究科地球惑星科学専攻教員(助教)公募
募集人員  地球惑星科学専攻専任助教 1名(任期5年,再任1回3年)
専門分野: 地球惑星物質科学
応募締切:2009年7月17日(金)必着
詳しくは、http://www.geo.titech.ac.jp

■山口大学大学院理工学研究科(地球科学分野)教員公募
専門分野:地球科学(特に鉱物資源科学分野)
公募人員:准教授、講師又は助教   1 名
応募締切:2009年8月28日(金)(必着)
詳しくは、http://www.sci.yamaguchi-u.ac.jp/geo/index.html

■第13回尾瀬賞
目的:「湿原」に関する学術研究を顕彰することにより,この分野の学問的・学
際的研究の伸展を図るとともに,環境保護に関する関心を高めることを目的とし
ます.
募集締切:2009年10月31日(土)(消印有効)
詳しくは,
http://www.oze-fnd.or.jp/main/banner/oze_prize/oze_prize1.html

■2009年度信州フィールド科学賞募集
「信州フィールド科学賞」山岳地域におけるフィールド・ワークを基本として研
究している若手研究者(2009年度末で35才以下).研究対象や分野は問いません.
「信州フィールド科学奨励賞」 擬錙陸域の自然・文化を対象にフィールド・ワー
クを行っている高校生.脅錙А峪魁廚砲けるフィールド・ワークに基づいてま
とめられた大学等の(過去3年間に提出された)卒業論文.
募集締切:2009 7月31日(金)必着
詳しくは、http://ims.shinshu-u.ac.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】地質マンガ 「岩石の色」
──────────────────────────────────
岩石の色 作:川村喜一郎 画:Key
詳しくはhttp://www.geosociety.jp/faq/content0167.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月も記事を募集中. 皆様の声をお届けしたい!(編集部)

geo-Flashは、月2回(第1・3火曜日)配信予定です。原稿は配信前週金曜日
までに事務局(geo-flash@geosociety.jp)へお送りください。
geo-Flashは送信用であり、返信はできません。