記念式典

 


日本地質学会創立125周年記念式典
 

式典チラシ_Full ver.(PDF)
式典チラシ_記念講演ver(PDF)

日時:2018年5月18日(金)10:30〜18:30(予定)
会場:北とぴあ(東京都北区王子1-11-1)
(注)記念講演・式典は3階 つつじホール
   祝賀会は16階 東武サロン天覧の間で行います

 ▶アクセス地図はこちら
 JR京浜東北線 王子駅下車北口より徒歩2分
 地下鉄南北線 王子駅下車5番出口直結
 都電荒川線 王子駅前駅下車徒歩5分


参加無料・事前申込不要 どなたでもご参加いただけます
 (注)祝賀会のみ要事前予約,会費制
 

1)記念講演(10:30〜11:30)(10:00開場)

「地質学はどこで生まれ,どこへ行くのか」(矢島道子 125周年記念事業実行委員会 委員長)
 日本地質学会の創立は1893年で,世界最古の英国の地質学会の創立は1807年です.しかし地質学のルーツはもっと古く,16–17世紀まで遡ります.大地の現象を解明しようとした「地球論」を端緒として,“鉱山学の父”といわれるアグリコラの著『デ・レ・メタリカ』のように鉱山や人間の生活に応用する部分が相交わって地質学は発展してきました.これからも,さらなる理論的な深化と,災害対応など人間生活に密接に関わる部分が合い交わって進んでいくことでしょう.今回は,地質学のルーツを辿りながら,未来に向かって地質学が社会にどのように関わり,そして発展していくのかを考えたいと思います.
 

2)記念式典(学会のあゆみ,表彰式等)(13:00〜16:00)(12:30開場)
 

3)祝賀会(16:30〜18:30)(16:00開場)
  ※祝賀会のみ要事前予約,会費制(申込については,2月下旬にHPでご案内予定です)