日本地質学会賞(1953年創設)

※各受賞者または対象研究テーマをクリックすると、推薦理由等をご覧いただけます。

  【 受賞者 】 【 対象研究テーマ 】
2017 ウォリス サイモン
(名古屋大学大学院環境学研究科)
構造岩石学と造山帯のテクトニクス
2016 荒井章司
(金沢大学大学院自然科学研究科)
かんらん岩およびかんらん岩起源物質の解析による地域・地球発達史 
2015 脇田浩二
(山口大学大学院理工学研究科)
付加体地質学を基にした日本〜アジアのシームレス地質研究
2014 川幡穂高
(東京大学大気海洋研究所)
気候変動に対応した過去・現代の炭素を中心とする物質循環に関する地化学的研究
2014 斎藤文紀
(産業技術総合研究所地質情報研究部門)
沿岸堆積システムと沖積層の地層形成に関する現行地質過程的研究
2013 井龍康文
(東北大学大学院理学研究科)
琉球弧の第四紀石灰岩と海洋炭酸塩堆積物の堆積学的・地球化学的研究
2013 乙藤洋一郎
(神戸大学大学院理学研究科)
日本列島と大陸の変形を古地磁気学から探る
2012 木村 学
(東京大学大学院理学系研究科)
テクトニクス,付加体地質学,沈み込みプレート境界地震発生帯物質科学
2011 岩森 光
(東京工業大学大学院理工学研究科)
マントルにおける物質循環とマグマの発生・分化の地質学的研究
2009 鳥海光弘
(東京大学大学院新領域創成科学研究科)
造山帯とマントルの力学的側面の研究
2009 石渡 明
(東北大学東北アジア研究センター)
オフィオライトと東北アジアの地質学的研究
2008 榎並正樹
(名古屋大学大学院環境学研究科)
高圧・超高圧変成岩の研究