┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
┴┬┴┬ 【geo-Flash】 日本地質学会メールマガジン ┬┴┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬ No.174 2012/4/17  ┬┴┬┴  <*)++<<  ┴┬┴┬┴
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
★★目次 ★★
【1】第3回惑星地球フォトコンテスト 審査結果発表
【2】大阪大会:シンポジウム,トピック/レギュラーセッション決定
【3】2012年「地質の日」イベント案内
【4】本の紹介:高校教師のための課題研究指導サポートブック
【5】支部・専門部会情報
【6】その他のお知らせ
【7】公募情報・各賞情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】第3回惑星地球フォトコンテスト 審査結果発表
──────────────────────────────────
第3回惑星地球フォトコンテストの審査が行われ、応募総数321点の中から
最優秀賞「27億年前の鉄鉱山」(清川昌一さん、福岡県)など16作品の入選
が決定しました。授賞式は、5月19日(土)13:30より、東京都北区王子の
「北とぴあ」にて行われます。
また、千葉県立中央博物館において、入選作品の展示会が4月21日(土)から
6月3日(日)
の期間で開催されますので、ぜひ足をお運び下さい。

入選作品はこちらから、、、
http://www.geosociety.jp/faq/content0009.html

早速ですが、第4回フォトコンが今から楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】大阪大会:シンポジウム,トピック/レギュラーセッション決定
──────────────────────────────────
今年の第119年学術大会(大阪大会:9月15日〜17日開催)でのシンポジウム・
セッションが決定いたしました.このほかにも市民講演会や地質情報展,国際ワー
クショップなど,多数の関連事業を企画・準備中です.募集・予告記事はニュー
ス誌5月号に掲載します.また,講演申込や参加登録は5月末頃受付開始予定です.
(日本地質学会行事委員会)

詳しくは、、、、
http://www.geosociety.jp/osaka/content0021.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】2012年「地質の日」イベント案内
──────────────────────────────────
■徒歩見学会 街中ジオ散歩 in Tokyo「身近な地層や岩石を知ろう」(5/13)
■記念展示 私たちの生活を支える金属鉱床ー札幌周辺の鉱山を例に(4/24-5/27)
■2012年『地質の日』くまもと(5/26)
■記念観察会「深海から生まれた城ヶ島」(5/12)

詳しくは、こちらから
http://www.geosociety.jp/name/content0014.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】本の紹介:高校教師のための課題研究指導サポートブック
──────────────────────────────────
高校教師のための課題研究指導サポートブック
〜学校の体制つくり・テーマ探し・研究指導の実際〜
野曽原友行編(千葉大学先進科学センター)

地質学会会員である千葉県我孫子高校の小泉治彦氏が著した「理科課題研究ガイドブック」(2010年.千葉大学先進科学センター)については.2011年日本地質学会
News2月号で久田が紹介させていただいた.約6500部も発行されたそうだが.本書はその教師用版である.
今回は.千葉県教育委員会の協力を得て.高校教員と千葉大学が力を合わせて作った理科課題研究の指導に関わる手引書である.
第1部    課題研究を始めるにあって(執筆は千葉大学及び千葉県教育庁関係者3名)
第2部    授業を中心とした課題研究指導(千葉県高校教諭7名)
第3部    部活動を中心とした課題研究指導(大学.高校.中学校関係者4名)
参考資料 (大学及び市科学館関係者3名)
で.構成されており.数学などの課題研究指導も含まれており.広く理数系のための指導書となっている.
それぞれのタイトルを見ると.「誰でもチャレンジ!課題研究と発表会」「課題研究ゼロからの再出発」「地学課題研究模索の記」などがあり.課題研究を生徒に課する時にすぐに役立ちそうな内容が多くみられる.前出の小泉氏は.「誰でもチャレンジ!課題研究と発表会」の中の最後において.「(1)教わることに慣れすぎた生徒たち.(2)間違いをこわがる生徒たち.(3)もっと勉強で遊ぼうよ!」をあげ.理科課題研究に取り組む生徒の姿勢をまとめている.
高校で課題研究に取り組む教員はもちろんのこと.大学などで地質学の専門教育や地学教育に関わる者にとっても.卒業研究などの課題研究をより良いものにするための示唆を与えてくれる.

「理科課題研究ガイドブック」希望者は.千葉大学高大連携企画室(koudairenkei@office.chiba-u.jp )へ.subject欄に「サポートブック(高校名)」を記入し.ヾ望冊数.¬樵亜癖数の場合.受け取る先生の名前とメールアドレス).Aり先.〒番号・住所・氏名を記入して.申し込むとよい.なお本ガイドブックは教師用なので.生徒配布はできない.また.生徒用「理科課題研究ガイドブック」は.現在千葉大学高大連携企画室HP(http://koudai.cfs.chiba-u.ac.jp/guidebook2.html )より.そのPDFがダウンロードできるそうである.

(久田健一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】支部・専門部会情報
──────────────────────────────────
■中部支部:2012年年会開催のお知らせ

日程:2012年6月16日(土)・17日(日)
会場:岐阜大学教育学部B102教室
16日(土)シンポジウム「中部地方の活断層にかかわる最新の知見」
17日(日)地質巡検「根尾谷断層にかかわる新知見」
参加申し込み:
総会・シンポジウム・懇親会:当日まで申込可
地質巡検:定員になり次第締切.できるだけ6月1日(金)までに

詳しくは、、、
http://www.geosociety.jp/outline/content0019.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】その他のお知らせ
──────────────────────────────────
■第5回フォーラム「ジオ多様性とは何か、その重要性を問う」
日時:2012年6月8日(金)・9日(土)
場所:JAMSTEC横浜事務所
http://www.geosociety.jp/outline/content0099.html#20120608

■地質学史懇話会
日時:2012年6月10日(日) 13:30〜17:00
場所:北とぴあ 9階901号室
http://www.geosociety.jp/outline/content0095.html#2012-5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】公募情報・各賞情報
──────────────────────────────────
■名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻教員(教授または准教授) (6/29)
■九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 CO2貯留部門公募(6/6)

■平成24年度東京大学地震研究所共同利用2次公募(5/7)
■2012年度「信州フィールド科学賞」募集 (7/2)


詳細およびその他の公募情報は、
http://www.geosociety.jp/outline/content0016.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
報告記事やニュース誌表紙写真、マンガ原稿募集中です。 geo-Flashは、
月2回(第1・3火曜日)配信予定です。原稿は配信前週金曜日 までに
事務局(geo-flash@geosociety.jp)へお送りください。